2011年11月30日水曜日

抗がん剤とスピリット

《ご予約はこちら/For Reservation》
http://mediumharuka.blogspot.com/2011/09/blog-post.html



Qさんの婚約者が、拡散性の胃がんだと診断されて数カ月。

進行が早いのと、若さゆえ、


余命宣告までされていたのだけれど


リーディングでスピリットから受け取ったメッセージは

「彼に必要な学びが起これば、病気は必要なくなる」 


とても宣告通りにあちらへ帰るとは思えないメッセージ・・・。


どうもその彼は、論理的で霊界通信についてなど納得しそうもないとのこと。


そこで、「ジョンオブゴッド」を彼に読むように勧めてみては?と提案。


本当はジョンのカーサへ直接行くことをお勧めしたのだけれど

とてもそんな事無理そうだとの事、

とにかく本を読んで~!って。




・・・・その後、

彼は「ジョンオブゴッド」を読み終えて自らジョンのカーサへ連絡を入れ

ハーブのお薬を取り寄せて服用を始めたそう。 






それが3カ月くらい前。






なんと!!!先日連絡があり、最新の検査結果によると・・・




彼の胃がんはきれいに消えていました!!!!!!




イヤッホー!!!




もちろんその間、

抗がん剤での治療と並行しながらハーブのお薬を服用していたんだけど


とにかく、余命宣告された彼のがんはどこかへ消えちゃった!!




きっと、論理的な視点のみでこの世界をとらえ見えない世界を見ていなかった彼は

今回の経験を通して、見えないけれど大切なものに気づけたんだと思う。

だから彼にがんは必要なくなってくれたんだと思う。




病気には何種類かの意味があって、


カルマから起こる病気は完治が難しいけれど

病気を通して学びや気付きが必要な場合、

必要な学びや気付きを得られたならば、


病気自体の役目は終わり、必要なくなる。


その他にも、あちらへ帰る手段としての病気もあれば、


本人の思考や思い癖や心配やネガティブな波動が引き起こす病気もある。



体の声を聞いて、魂の声を聞いて。



そうやって生きていけたら、私たちはもっと魂の深いところで生きていけるはず。

とにかく良かった~涙

力をかしてくれて、癒しのエネルギーを与えてくれて、

治療に協力してくれた霊界の皆様に本当に感謝します。

本当にありがとうございました。











0 件のコメント:

コメントを投稿