2011年11月26日土曜日

感謝 Thanks giving

《ご予約はこちら/For Reservation》
http://mediumharuka.blogspot.com/2011/09/blog-post.html

アメリカの11/24木曜日はThanks giving dayでした。

学校の先生に聞いたところ、


その昔ヨーロピアンがアメリカ大陸を発見し上陸した際

食べ物も無く飢えていたところ、

先住民族に食事や飲み物を施されたことへの感謝から始まったそう。

諸説色々あるようです。

一般的にこの日は家族で過ごすそうですが


家族がニャーニャー言うのを振り切り!?お友達のお誘いでホームパーティーへ行きました。


ホームと言っても、倉庫を改造した家にアーティストたちが共同で暮らしている


とっても危ない通りに面したソーホーのお宅。(ドラッグストリートで有名)

びくびくしながら車を停めて、

なんだかクラブかバーのようなお家でお腹いっぱい食べまくってきました。

さすが、ベジタリアンが普通に暮らせるカリフォルニア。


ベジタリアンフード満載でとってもおいしかったです^^



さて、

今日は感謝しよう」と改めて考えてみたところ


ニャーニャー家族に改めて、心から感謝があふれだしてきました。


ついでに私の人生を大きく分けてみたところ、


1、子供時代(~思春期)


2、暗黒時代(~22)


3、地獄時代(~32)

4、やっと目が覚めてきた時代(32~)


って感じになったんですが、4番の「やっと目が覚めてきた時代」からずっと


ニャーニャーさん達が一緒にいてくれて、私を愛してくれていたんですね。


32歳で心霊手術を受けたり、スピリチュアリズムを知ったり、


同時に地獄から這い出し始められたり、別れがあったり・・・・。


そんな大きな変化の年を共に過ごし、おまけに心霊手術まで一緒に受けちゃいながらも

5回も私に連れられて引っ越し、しまいにはアメリカまで連れてこられて。

「一緒にいてもらって良かったのかな。幸せでいてくれてるかな~」と

顔をのぞいて話しかけてみたら、

寝ぼけた顔でニャーと返事してくれました。


彼らがいなかったら、孤独感でどうにも動けなかっただろうと思ったら


本当に本当にありがたくて、

どうか彼らに迷惑かけないで生きていけるように

もっと強くしっかり成長したいと


改めて思った夜でした・・・・・・。


その他にも、たくさんの感謝。。。









0 件のコメント:

コメントを投稿