2012年7月30日月曜日

お導き

《ご予約はこちら/For Reservation》
http://mediumharuka.blogspot.com/2011/09/blog-post.html

最近は毎日感謝を数える癖をつけようと、

ノートを持ち歩き感動したことを書き込んでいます。

その中から1つ・・・・。

亡きIさんと約束をした 

10月のジョンオブゴッドのカーサ訪問に向け、

先日ブラジル領事館へビザの申請に行ってきました。

Yelpという評価サイトではサービス低評価のブラジル領事館、

「スムーズにことが運ぶ!」というポジティブイメージングを事前にしっかりしたうえで

当日足を運んでみると、スムーズどころかとても大切な出会いに遭遇できました!



担当窓口のかわいい女性に「何しにブラジルへ行くの?」と聞かれ

「ジョアオに会いに行くの」と答えると

「なんて素晴らしい!」と彼女。

彼女はもちろんジョアオを知っているし、彼女の友人がカーサを訪れたこともあるそう。

その後彼女はなにやら数枚の書類を印刷して渡してくれた。

そこには・・・・・「シコシャビエル勉強会について」との文字が。

「あなたの家から近い場所で勉強会をしているから是非いらっしゃい。私も参加しているから安心して!」

シコシャビエルとは著名なブラジルのミディアムで、

生前は霊からのメッセージを受け取り400作冊もの本を書き残している。

彼は霊の書いた本に関する一切の収入を慈善団体に寄付し、

自身は政府からの保護を受けて生活していた、奉仕の人。

私がお世話になったブラジル人ミディアムのマスターでもある。

(詳しくは、スピリティズムの普及活動をしている角智織さんのスピリティズムページの中のシコシャビエルについてを読んでみてください→http://www.spiritism.jp/jp/%E4%BC%9D%E8%A8%98/chico-xavier/



以前からここサンフランシスコで

私が日本でお勉強していたスピリティズムの勉強を出来ないものかと

セントロを探していたのだけれど、

人づてに聞いた会場に何度か足を運んでも誰もいなかったり、

施錠されていて入れなかったりで半ばあきらめていた。

ジョンの本によると、

「ジョンオブゴッドのカーサを訪ねる前にはシコシャビエルの本をいくつか読み勉強しておいてください」ともあり、

「どうにかしてスピリティズムの勉強会に参加したいな~」と考えていたところ、

ブラジル領事館で見事に勉強会へのドアを発見!

「ああ、ちゃんと導いてくれているんだな」と心がとても温かくなりました。 

































2 件のコメント: