2012年9月15日土曜日

お知らせ:ジョンオブゴッドの遠隔ヒーリング

《ご予約はこちら/For Reservation》
http://mediumharuka.blogspot.com/2011/09/blog-post.html

10/15からブラジルにあるジョンのカーサへ行きます。

http://www.johnofgod.com/

http://pr.b5z.net/i/u/10059842/i/Japanese_Casa_Guide.PDF

写真を持参すれば誰でも遠隔治療を受けられます。

治療は無料です。

エンティティは来られない方々にも遠隔で手助けすることが出来ます。遠隔診療・援助を受け取る方法 は、希望する本人の写真を第三者に持って来てもらい、エンティティに提示してもらいます。写真の裏側には、本人の名前・誕生日・住所・援助を求めている具 体的な事柄・病状/病名を書いて下さい。もし、写真の当の本人がカサのハーブ系サプリメントの服用を希望しない場合、エンティティからのご加護が遠隔で本 人に届けられる様、三角形に本人の写真を捧げると良いでしょう。(カーサガイドから引用)


それぞれにハーブのお薬が出ます、こちらは有料です(3瓶で40ドルほど)

カサのハーブ系サプリメントの主成分は『パッシフローラ』から調合されています。これは英語名の『パッション・フラワー』と呼ばれる実のなる植物の花と葉の部分を挽いて粉末にしたものです。このサプリメントには医療的価値はありません。このサプリメントは一般ハーブ茶とほぼ等しい同値の作用と言えるでしょう。このサプリメンの効力はエンティティが各々に服用される人に設定した必要なエネルギーです。このサプリメントはあなただけの為にあり、他の人には効力を持ちません。
『購入法と服用方法』 このサプリメントはカサの敷地内にある、薬局の窓口で購入することが出来ます。薬局は書店と同じ建物に併設されています。一日3粒・3回に分けて食前に服用します。ひとつの容器のサプリメントを使い切るまで、次の容器を開けないで下さい。


あなた自身が治療を受けている最中は、あなたの治療が一段落するまで他の人の写真の提示を待つのが賢明です。あなたに準備が出来た場合、セカンドタイムラインに並ばれて、写真をエンティティに提示して下さい。
エンティティは各々の写真を分析し、必要な方にはハーブ系サプリメントを処方します。

(カーサガイドから引用)

薬の運搬に限度がありますので少人数の方に限らせていただきますが、

もしご希望の方がいましたら写真を持参しますので

harukasushi@gmail.comまでご連絡ください。

※お金がほしい、恋愛成就、幸せになりたい(自分で創りだすもの)など
エゴのお願いは受け付けられません。

肉体的・精神的に本当に治療を希望する方のみご連絡お待ちいたしております。



2012年9月4日火曜日

第13回スピリチュアルアウェアネスクラス:9/8@Palo Alto

《ご予約はこちら/For Reservation》
http://mediumharuka.blogspot.com/2011/09/blog-post.html

すごーく久しぶりですが!!笑

 9/8土曜日にアウェアネスクラスをPalo Altoにて開催します。

 誘導瞑想をはじめ、引き寄せの法則、波長の法則など霊的真理を学び

 直感を磨く実習をいたします。

 ご興味のある方はメッセージくださいませ。

 

先日、すごく「強い人」に感動させられました。

1ヶ月前くらいに、知り合いのお腹を見たとき「あれ?妊娠してる?」と思ったけれど

もし体重増加だったら失礼なので言わないでおいた。

でも、やっぱり赤ちゃんがいるそう。

彼女は彼氏と別れたばかり。「新しい彼出来たの?」と聞いても答えはNo。

実は彼女、妊娠がわかってから8年越しの彼との別れを決めたそう。

元彼からは再三、

ヨリを戻したい、結婚しよう、金銭的援助をしたい、と申し入れがあるそうだけれど

彼女は全部断っている

なぜなら、元彼はお酒を飲むと止まらなくなり人が変わって時には暴力も振るうそう。

8年間「今度こそ変わるから」と言い続けて変わらなかった彼。

彼女の両親は古い考えで厳しいとの事、心配をかけたくないからと家族にも内緒で、

子供を守りたい気持ちから彼とも別れて、

彼女はアメリカで一人で子供を産む決心をした。

彼女の育った国は、マクドナルドのソフトクリームが24円(日本では100円?)

彼女の詳しい背景はわからないけれど、(貯金があったかとか)

妊娠がわかって彼と別れてからは格安の部屋に移り住み、

立ち仕事で体への負担も大きいだろうに、毎日ウェイトレスの仕事をして

出産・当面の子育て費用を貯めたそう。

「彼の金銭的援助を受け入れる気はないの?」との問いには

「もしお金を受け取ったことで、将来子供を連れて行かれたら困るから受け取らない」と。

前から「いい子だな」と思っていたけれど、本当に強くてまっすぐな彼女に感動させられた。

私としては、出産に備えて1円たりとも彼女に余分なお金を使わせたくないのに

ドライブに一緒に行った時、

「運転してくれてありがとう」と私に内緒で買っておいてくれたお土産を渡されてしまった。

もう、号泣ですよ・・・・。

「結婚するなら金持ち」「年収ウン千万以上の男じゃないといや」 

「クリスマスや誕生日には高価なプレゼント必須」

「彼の年収が低い」「彼がご馳走してくれない」

「彼が生活の面倒を見てくれない」「彼が欲しいものを買ってくれない」等

あれも欲しい、これも欲しい、と悩む女性をたくさん見てきたけれど、

今回、自立した女性の姿を目の前で見せていただき、

「本当の格好良さ、素敵さ、魅力的な人」というものを改めて確認しなおしました。