2012年12月27日木曜日

なんて真っすぐな動物の魂

《ご予約はこちら/For Reservation》
http://mediumharuka.blogspot.com/2011/09/blog-post.html

★霊界通信のデモンストレーション出演@Golden Gate Spiritualist Church 
12/26Wed 8PM~
 

ブラジルでの体験を、エルアウラのWebマガジンにちょこちょこ書いています

Part1

http://www.el-aura.com/2012111105/

Part2 

http://www.el-aura.com/20121112-03/ 


Part3  

http://www.el-aura.com/20121222-04/



スピリチュアルリーディングのお時間を30分と60分からお選びいただけるようにしました。

http://mediumharuka.blogspot.com/2011/09/blog-post.html


2012年は何度も旅をしました。

親友の結婚式とお仕事で日本へ2度、

ブラジルへ2週間、

日本から来た友達とセドナ、

マウントシャスタには何度も行きました! 

秋にはやっと、あこがれの街サンディエゴのラ・ホヤにも行く事が出来て

理想の住まいを想像しまくってきました笑


年末年始はマウントシャスタの雪の中で過ごします:)

白銀シャスタの写真を撮って、UPしますね!




先日、恐れからある事をしました。

理由は「この先が心配だから」。

心の中では「それをしても完璧な心配解消にはならないよ~」という声がしていたのですが

「いやいや、とりあえず。」と言い訳してやりました。


そうしたら見事!

当日から声が全く出なくなってしまいました!本当に、完全に声を失くしたんです。

私のしている事は、私の道ではない事を知りながら、

それでも自分に言い訳しようとしていたら・・・

ニャーオ
 
 という叫び声とともに、ハッピー君が私の目を見つめながらトイレに出入りし始めました。

何度も何度もトイレに入っては出ます。

おしっこは出ません。

「すわっ!膀胱炎か尿路結石か?!」と慌てふためき

緊急病院をネットで探す私に、ハッピーは「こっち向けよニャー」と責め立てます

しかし・・・ハッピーの鼻はしっとり濡れていて、どうも健康そう。

相変わらず叫びながらトイレを激しく出入りするハッピーに・・・・

「ごめんね、私が間違っていたよ。これは私の最善の道でないね、すぐに止めるから

元気で健康でいてくれる?教えてくれて本当にありがとうね」

と言った途端!

なんとハッピーは満足そうな顔でスヤスヤ眠りだしました・・・・・・

恐るべし動物の才能

「違うぜニャーオ!」と叫ぶだけでは気持ちを切り替えない私に、

どうにか理解させようと身体を張って教えてくれたのです・・・・。 


感動


彼らに恥じないように生きなければと、改めて心した年末の出来事でした・・・


   


 

      

 



 




 
  
 

2012年12月18日火曜日

停電の夜②

《ご予約はこちら/For Reservation》
http://mediumharuka.blogspot.com/2011/09/blog-post.html

★霊界通信のデモンストレーション出演@Golden Gate Spiritualist Church 
12/19Wed 12/26Wed 8PM~



日本から我が家へ無事に帰ってまいりました、皆様にはお世話になりました。

初対面にもかかわらずお土産を頂いたり、温泉に連れて行ってもらったり、

優しくしていただき本当に感謝でいっぱいです。 

ありがとうございました!


さて、しばらく間が空きましたが

San Rafealにあるスピリティストセンターが停電になった夜の話です。



勉強会が中止になった事を知らず、数名が集まっていました。

そのうちの一人がナビゲーターと個人的相談の為に別室へ行ったため

残った数人で瞑想をしようと言う事になりました。

元気いっぱいの女子大生は、

「私ね、瞑想出来た試しが無いの。時間が経つのが永遠に感じられてじっとしていられない」

と、瞑想が苦痛で仕方ないようです。

そこで何故か女子大生の指名により、私が誘導することになってしまいました。

ちょっと待ってよ~涙。英語で誘導瞑想、しかも瞑想が苦手な人に!

と懇願しても却下され、腹をくくって誘導する事に。

「RightとLightがごっちゃにならない様に、SitをS●itにしない様に(汗)」

いつものように深呼吸から空間を光で満たし、

その夜はヒーリングのシャワーを浴びてみました。

沢山の存在を感じながらの瞑想です。


あっという間の25分、「そろそろ戻っていただこうか・・」と皆を身体へ戻すと、

隣に座っていた美人人妻が号泣しています。

「どうしたの?」

皆が口々に訊ねると彼女は泣きながらも顔を輝かせて答えてくれました。

「私の父は1993年に亡くなって以来、私の前に姿を見せてくれなかったけれど

今、会いに来てくれたの。私、お父さんに会えたの」

もう、私も号泣。

実際、誘導中も涙が溢れてきていましたが
(スピリットが訪れる際は理由の無い感動で胸が満たされよく涙が溢れます)

誰かの感動のおすそ分けを頂くことは私にとって史上の喜び、号泣モノです。

女子大生も、初めて時間を感じないまま25分もの瞑想が出来た事を喜んでいました^^

私にとっても、つたない英語の誘導がもたらした喜びを目の前に見て、

霊としての私たちに言葉は関係ない事実を確信できた、素晴らしい夜でした。


勉強会の中止を知らずに集まった私たちは

きっと知らぬ間に、今宵集合の約束をしていたのでしょう。