2013年2月2日土曜日

生かされて。

《ご予約はこちら/For Reservation》
http://mediumharuka.blogspot.com/2011/09/blog-post.html

ブラジルでの体験を、エルアウラのWebマガジンにちょこちょこ書いています

Part1

http://www.el-aura.com/2012111105/

Part2 

http://www.el-aura.com/20121112-03/ 

Part3  

http://www.el-aura.com/20121222-04/


Part4
 
http://www.el-aura.com/2013011501/



スピリチュアルリーディングのお時間が30分と60分からお選びいただけるようになりました。

http://mediumharuka.blogspot.com/2011/09/blog-post.html




本屋さんで手に取った瞬間「これは絶対読まねば」と

運命的なものを感じた本「生かされて。/イマキュレー・イリバギザ」


1990年代に彼女が体験した、

ルワンダでの虐殺を通した信仰と赦しと愛の実話です。

はじめから終わりまで涙が止まりませんでした。

本来の意味でのスピリチュアルな生き方のお手本です。


スピリチュアルに生きる事を、形式ばって考えている人は沢山います。

ポジティブシンキングや、ネガティブの排除や、知識を付ける事や、自己啓発にいそしむ事、

霊とコンタクトを取る事、等をスピリチュアルな生き方と思ってしまっている人も沢山います。

もちろん、これらも大事なことです。

しかし、実際にスピリチュアリズムなんて言葉を知らずとも

スピリチュアルな本を読んだ事が無くとも

心から偉大なる力を信じ、善を選び、赦し、感謝し、

愛を体験しながら生きている人が世界には沢山います。

そんな人たちはスピリチュアルな生き方の素晴らしい見本です。

イマキュレーさんの生き方も、そんなお手本の一つです。


私はこの本を読んで改めて思い出しました。


誰かに命を狙われているわけでもなく、

住むところもあって、食べる物も手に入れられて、仕事もある。

なんて恵まれた、安全な人生を頂いているのでしょう。

当時のルワンダでは、狙われている側の人々にとって現実は殺人者がうようよと溢れる生き地獄でした。

見つかればすぐに殺されます。

家に隠れていても、殺人者が大鉈を振り上げて、歌い笑いながら襲いかかってくるのです。


当時、と言ってもたった十数年前です。

今でも同じ事が世界の複数の場所で起こっています。


安全に眠れる家がある事の素晴らしさを、改めて思い知りました。


殺人者に追われるような日常では、お金や恋愛や仕事で悩むことはきっと不可能でしょう。

彼女が虐殺から学び成長したように、

私たちも、私たちの課題から学び成長する事が出来ます。

それが恋愛や仕事や金銭の問題だとしても、立派な成長材料です。

悩むだけで解決策を見出す事をしない人が多いけれど、

私たちに悩みが発生する理由は、それを解決する方法を見出すためです。

解決は、決して願望成就だけとは限りません。

時にはあきらめる事や、方向転換や、手放す事が解決となります。

そして、解決策を求める時に一番重要なことは

自分の内側から語りかけてくる、 偉大なるものの声を聞く事です。

(偉大なるもの→神、父、宇宙、なんでも好きな言葉を当てはめてください)



続く

















 

0 件のコメント:

コメントを投稿