2013年2月19日火曜日

会いたかったな~

《ご予約はこちら/For Reservation》


ブラジルでの体験を、エルアウラのWebマガジンにちょこちょこ書いています

Part1

http://www.el-aura.com/2012111105/

Part2 

http://www.el-aura.com/20121112-03/ 

Part3  

http://www.el-aura.com/20121222-04/


Part4
 
http://www.el-aura.com/2013011501/ 

Part5

http://www.el-aura.com/20130201-b/


先日、私が出演させていただいてるGolden Gate Spiritualist Churchでお誕生日会がありました。
 
今は亡き、チャーチの創設者であるミディアムBeckerのお誕生日と
 
教会の89周年を祝うディナーです。 
 
 
 


美味しい手料理が盛りだくさんでした~:)

私はBeckerにはお会いした事がありませんが、(私の生まれる前に亡くなっています)

ミディアムのSonyが生前、私にお話ししてくれた事が印象的でした。

(とても残念ですが、素晴らしいミディアムのSonyも去年光の世界へ帰られました) 

今から50年前、Sonyがまだ若かりし頃、

友人に誘われて初めてサンデーサービスを観に来たそうです。

その頃のサービスはいつも満席で、整理券があっても座れないほどだったそう。
(最近は平均、30人前後でしょうか。)


遅刻してしまったSonyはサービスの途中にそっとドアを開け、友人の隣の席へもぐり込みました。

すると、壇上では目隠しをしたBeckerがちょうど友人にメッセージを届けている最中でした。

Sonyが席に着くや否や、目隠しをしたBeckerは話しだしました。

「今、あなたの隣に座った若い20代の男性は、今後スピリチュアリズムを学び深くかかわる事になります」

その後もいくつかズバリなメッセージを言われ、Sonyはびっくり!

「なんで目隠ししているのに僕が誰だか、年齢までわかるんだ!?」


それからのSonyは毎週のようにチャーチに通い、

イギリスやアイルランドまでスピリチュアリズムを勉強しに行き、

生涯、ミディアムとして働くのです。


しかし、20代のその日まで、Sonyには全く予想できない事だったそう・・・・


Beckerの類まれなる才能は聞いているだけでも凄い!と唸ってしまいます。

トランス霊媒としてトランス中に霊界で教わってきた事をこちらへ戻ってから皆に教えたり、

霊の声そのままで話をしたり、物理霊媒として物質を浮遊させたり、

霊と共に霊の絵を描いたり(沢山のネイティブアメリカン霊の絵が教会に飾ってあります)




ああ、直接会って色々な話をしてみたかった~、教わりたかった~。

Sonyとも、もっと話したかった~。






 




 



0 件のコメント:

コメントを投稿